宇多丸の「少林少女」評。

ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008

ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008

 宇多丸の『少林少女』評を聞く(リンクはこちら)。
 以下はラジオの雑記。
●MCだけでなくリスナー泣かせの企画「シネマハスラー」。今回のリスナーの期待の地平は、「『少林少女』VS『カンフーくん』、どっちが地獄行きか?」
●『少林少女』に出ている人は誰も得をしていない。観る人もね!
●こんなマッドシネマを撮った本広克行が、未だに『踊る2』で興行収入日本一監督なのが許せない!
●ちなみに宇多丸は『踊る2』を『カンフーくん』鑑賞以前の評価で、「生涯ワーストワンの金字塔、輝け」としていた。
宇多丸の為に二度『少林少女』を観たリスナーは、もちろん『カンフーくん』派。「ウンコ味のカレー、カレー味のウンコ」どっち? に対する答えの意味で。
●さて、宇多丸の答えは…… 「貶すって決め付けてるでしょ? 切れ芸を期待していたら大間違いだ! 僕はあの映画のクライマックスで癒されたんです(スタッフ(笑))。僕は清い人間になったんです。 <宇宙がキラキラ> みたいなのを聞いていたら、心が清くなったので、がんばって褒めてみたいと思いますよ。ごめんな! 期待に答えなくて」 ……褒め殺しですか!
●「まず観客の皆さんがこの映画を見ていて、全部どうでもいいよ!ってことをずぅーと思うんですよ。どうゆうことかというと、登場人物のすべてが何の為に何をしたいのか最後までさっぱり解らないんですよ。これは、ある意味、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』にも通じる、現代の不条理性みたいなものを、新しいストーリー・テリング……というわけではないんですけど、『ゼア・ウィル』は明確に資本主義の不条理を描こうとするんですけど、『少林少女』は別に不条理を描こうとしているわけではないんですね、にも関わらずですよ、登場人物の行動が全然意味が解らないから、不条理が浮かび上がってしまうって、こっちのほうが上手じゃね?(スタッフ(笑)) 不条理映画としては、逆にすごくね、みたいな」
●「どんだけ不条理かというと、まず桜沢凛@柴咲コウ少林拳を広めてどうしたいのかまったく解らない。道場もすぐ再興してしまうし。モトネタの『少林サッカー』には、「人生の負け犬」というのが主人公たちに負わされていて、それを跳ね返す為に「少林拳」に賭けるという動機付けがあった。桜沢凛は少林拳を広めるためにラクロス部に入るんですけど、『少林サッカー』っぽくするだけなんですよ。それ以上の意味は無いんですよ。これも新しいですよね。『少林サッカー』って何年前の映画だ!ってのもあるし、それをやってるっぽく見せるのに意味があるかっていうのを考えると、そこ食いつきよくねえぜって思うのを、今あえてやってしまうのは、新しくね?(スタッフ(笑)) 」
●「新しくね」って何でも言えるじゃん、というスタッフのツッコミが!
●「伏線を回収するなんて古臭いことなんてしないんです。言いっぱなしなんです。あの件どうだったっけ、知らね? このやりっぱなしっていうのが、ハリウッド型の、伏線回収、よく出来た脚本ってのが古いって事だよね。いいんですよ、言いっぱなしで!理由なんてねぇんだよ。」
●岩井拳児江口洋介のキャラ設定、新しくね…… ポカーンですよ。
●「大場雄一郎@仲村トオルのキャラ設定がある意味早いんだ! 『カンフーくん』と結構かぶってるんだ。悪の教育者に、さらに『スター・ウォーズ』のフォースの設定も織り込まれていて。あれ、これ、『カンフーくん』早くも取り入れているよ。『カンフーくん』とかぶってる、スゲーみたいな。ある意味、最先端映画『カンフーくん』を。最低のご都合主義も同じようにかぶっている。逆にすごい。カードがそろった感じ」
●「『少林少女』が語り口としてどういう問題があるのか…… ちがう、ちがう、どういうところが新しいかと言えば、すべての台詞、すべてのシーンが記号的表現…… 記号的表現を並べていれば、観客が解ってくれるだろう。という、性根の腐ったきった考え方で出来てるんです。要は、それらしい台詞を、それらしいテンションで、それらしい音楽と一緒に出すと、観客はそれらしい場面として、受け取ってくれるだろう…… 例えば、ポジティブっぽい事、それ自体には意味が無いんですけど、ポジティブっぽいことを言って、ポジティブっぽい音楽流して、ポジティブっぽいテンションでみんな(役者)がそうだよねって顔でウケければ、その場面はなんかポジティブっぽいことが起きている場面だっていうことを、観客が受け取るっていうことを、作り手が勝手にやっているわけです。腐りきった、この性根!…… 新しい〜 (スタッフ(笑))」
●「こんな腐っているの、作り手として新しい! 最先端ですよね!」
●「クライマックスは記号だけ。思いつきのまま「癒し」の記号が放り出される。それで悪が癒されちゃうんですよ!」
●「腐りきった性根の表現が極に達するのが、クライマックス。よく出来た構造ですよ! クライマックスに行くにつれて、腐っていくんですよ!」
●「クライマックスの腐りっぷりは、こんな腐臭を放つ、もう反吐が出そうな…… 吐が出ましたね、正直。これないですから。映画史を更新しましたよ。素晴らしい、最高ですね! 」
●『カンフーくん』がまだまともなのは、悪が逮捕されるところ! 仲村トオルがお咎めなしなのは、9/11的な殺伐さを表現しているんでしょうかね?
●『少林少女』が罪深いのは、金が掛かっていて、宣伝バリバリで、間違って足を運ぶお客さんを作る事! パッと見しょぼくないから、間違って観てしまって、「おい、こんな、実験映画なんて聞いてないよ」「これ、記号的なポストモダン映画」と驚愕してしまう。見た感じでウンコだと解る『カンフーくん』よりウンコ味のカレーの『少林少女』のほうが、悪の総量では勝っている。この映画の公開は、文化的レイプです。
●「現代日本映画の問題点を集約。素晴らしい映画なんですけど…… おススメしません! 悪のスパイラルを断ち切りたい!」
●来週の映画は、「ミスト」。絶望するなら、こっちで!

日経エンタは『少林少女』を研究していた。

[rakuten:book:12912444:detail]
 日経エンタテインメント! 2008年6月号 「作品研究 少林少女 柴咲コウカンフー映画 本広監督が語るウラ側」 に関する雑記。

●<CGを多用した「ありえない」シーンの数々も見どころ>って、悪い意味でぶっちゃけ「ありえない」という意味でよろしくっすか!
●あと本広が<CGの中でも苦労したのは最後の水上での対決シーン。武術の達人同士だけに水の上に浮かんで戦っている感じがほしかった。>ってさらっと言っているけど、本広がまず苦労するべきところは「武術の達人」たらしめる理屈作りであり、それ無しでは「水上での対決」が単なる冗談になっちゃうことまで考えなかったのだろうか。『NARUTO』でもやってるぞ!
●本広とチャウ・シンチーの間でのディスコミュニケーションは相当深刻なものがあったようだ。
●音響に徹底的にこだわった割には、<ものすごい音><迫力の音>を強調するばかり。「ありえない」ムービーになった訳も頷ける。

リュー・チャーフィーの昔話が映画を観た後に聞くと興醒めしてしまう位、素晴らしい映画だった。

少林寺三十六房 [DVD]

少林寺三十六房 [DVD]

今年の駄作「カンフー≠功夫」映画(「ニンジャ」映画と同じぐらいあらゆる意味でいい加減なもの)をなるべく劇場で観ることを自分に課してしまった(笑)
そこで、「少林寺」もので傑作とされる『少林寺三十六房』を観て、何が今年の「カンフー」映画を駄作足らしめるかを探ることにした。
少林寺三十六房』を観て解ったのは、今年の「カンフー」映画には「功夫」の本来の意味である「練習・鍛錬・訓練の蓄積」が欠如していることだ。
今年の「カンフー」映画の「カンフーくん」「少林少女」は「練習・鍛錬・訓練の蓄積」をすっ飛ばして、「真の強さとは」といった、超絶的な力を持った強者が至る「真理」を観客に「道徳」として与える。
一方の『少林寺三十六房』は「練習・鍛錬・訓練の蓄積」が「実践」・「実用」される過程を丹念に見せるだけだ。
一見前者の「カンフー」映画ほうが健全に見える。しかし、「カンフーくん」の主人公の本名が明かされなかったり(誰もまともに聞きもしない)、「少林少女」のラストが「想像を絶する気」で解決したりとカルト的なヤバさを感じざるを得ない代物になっている。
少林寺三十六房』の主人公は「名のある民」のために「武術」を会得してゆく。超絶のスピードで会得しながらも、確実に躓き血を滲ませて止揚していく様、修行の成果が反映されている武術は、「道徳」を超えた彼自身の「倫理」が見えて胸を打つ。
「名のある民」は「功夫」を馬鹿にする前に、『少林寺三十六房』を観るべし。

「少林消除!」

映画「少林少女」オリジナルサウンドトラック

映画「少林少女」オリジナルサウンドトラック

続けて破壊屋さんが「内容をぜんぶ解説」してくれた『少林少女』を1000円払って確認。
梯子したせいか、「カンフーくん」の時よりも集中して観られなかった。
というか、真剣に観ていたら、絶対精神が崩壊しそうな物語構成に、無意識の防衛反応が働いてしまったのだ(笑)
本広克行の女性に対する「蔑視」を感じさせるカメラ・アイがムカついたのと、江口洋介が出ている映画は超駄作決定とか、アニメ畑のスタッフは実写に進出することをもう少し慎重になるべきだと考えたり、意味のない「燃えよドラゴン」「死亡遊戯」のパクリ(オマージュに非ず)に唖然としたりと、1000円分頭のカロリーを悩みに使わせるマッド・シネマ!

神腐訓。

[rakuten:nakae:10003954:detail]

(事前に『カンフーくん』公式HPと、ライムスター宇多丸の『カンフーくん』レビューを確認しておくこと)

朝一で『カンフーくん』を観に行くという、今後(宇多丸賽の目次第では)二度と無い意気込みで観賞(笑)。
いや〜、いわゆる「TV映画」というやつを成人になってからあえて劇場で体験してみて、初めて本気で「TV映画」を撲滅したほうがいいんじゃないかなぁ、という気分になった(本気)。
どうしようもない「TV映画」を上映すると、劇場シートやスピーカーに申し訳ないことになるんだYo!
殊に『カンフーくん』は内容は百万歩譲っても、今世紀最悪の音響設計な事実は揺るがない。打楽器が音が割れてほとんど「騒音」になってるんだもん!
『カンフーくん』体験した感想はというと、「芸術なめとんのかぁ!」と「映画」という「総合芸術」に携わるスタッフ・キャストに説教したくなるくらい支離滅裂で不愉快な行動原理を約100分見せられるのでウンザリなんだけども、是非とも映画館で怒りを感じてほしい(爆)。
アグネス・チャンも観て、児童虐待・ポルノ(矢口真里的な意味で)映画としてユニセフ介入を決意すべきではないか(笑)
あと、大地丙太郎は「ゲーム・アニメ」を舐め腐った「黒≠プロ」の仕事をしたことを十二分に反省して、今回のギャラで自身が主演の「カンフーさん」を自主制作してからアニメを作る責任があると思う(笑)。なんでカメオ出演するんだよー(涙)