心から感想落とし。

陰からマモル! 其ノ弐 [DVD]

陰からマモル! 其ノ弐 [DVD]

マモルくんの『深愛』は、私たちも見習うべきだな…
バ〜ナナ、バナナ、バ・ナ・ナ!
あれ、何だっけw
陰からマモル!」全話視聴完了。
ふじもと監督の巧さの一つに、作品世界の一時点をふっと切り取った時間感覚(シリーズ構成)が挙げられるんじゃないかなぁ。
近頃のサンライズ作品(あの『銀魂』でさえも)のギスギスしたものを感じる身としては、非常に癒された。

ボディ・ランゲージ。「陰からマモル!」

陰からマモル!」第一話を観る。
無駄のない「チープ」さに、痺れる。
「TR」に引き続き中原麻衣がいい。
ニーソ標準装備の乙女たち!
OPとEDの「手」に関するアプローチが鮮やかだ。
この作品では、ふじもと氏名義で、コンテ・演出がクレジットされていない。
総監督みたいな立場か。

<大津波が来る、きっとみんないなくなる>…「ロジカルななは ClusherS〜」

[rakuten:book:11895334:detail]

EUREKA ユリイカ [DVD]

EUREKA ユリイカ [DVD]

ガンダム00」の<トレミー=それ☆すた>と「タクティカルロア」の<102=パスカルメイジ>の「連帯感」の差は何だろう…
そんなこんなで、「タクティカルロア」全話一気観(あと四日ほどで職場に入るのにね、僕はww)。
ミリタリーにお熱だった(今もそうだが)「資金力が桁基地外」バンビ制作ということで、ふじもと作品特有の「チープ」のコントロールに迷いが生じていたのは確かである。
兵頭一歩&伊藤岳史&小倉信也&中原麻衣さんたちがガチでやっていたのでふじもと氏が付き合ってみた感じというか。
でも、ふじもと作品における「戦闘美少女」への倫理は一貫してるなぁ。視聴後感は悪くない。


別記
ところで、「TR」のキャラデザが<ふじもと氏が使いやすいキャラ><伊藤氏・クライアントがプッシュしたいキャラ>という感じで、差別化が図られていたのは非常に観てて楽しかったww
僕は二つのドグマの中間の、ターニャが一番好みなんですけどね(「00」のシーリンとキャラ被っているんですけど、段違い)w

ふじもと版「WA」こと、「タクティカルロア」。

タクティカルロア 1 [DVD]

タクティカルロア 1 [DVD]

二話まで観賞。こんなに情報量の多いふじもと作品は初めてだなぁ。
船外offのエロコメはいつものふじもと節で、対艦バトルパートが谷口悟朗テイストというハイブリットアニメ。
作画アニメの節度ってこんなものかな、というぐらいテンションの高いキャラのアニメーションに眼福しちゃったよ、ふじもと作品で!
mattuneさんの指摘で「タクティカルロア」はふじもと版「WA」ということを念頭において観ていたら、確かに次回予告とか男主人公のモノローグ、第一話の濱口レマラ@中村大樹の七波を舐めまわすように見るところに「WA」の香りがww

絶対衝激黙示録。

絶対衝激 〜Platonic Heart〜 Batle 1 [DVD]

絶対衝激 〜Platonic Heart〜 Batle 1 [DVD]

絶対衝激~PLATONIC HEART~ Battle 2 [DVD]

絶対衝激~PLATONIC HEART~ Battle 2 [DVD]

絶対衝激~PLATONIC HEART~ Battle 3 [DVD]

絶対衝激~PLATONIC HEART~ Battle 3 [DVD]

絶対衝激~PLATONIC HEART~ Battle 4 [DVD]

絶対衝激~PLATONIC HEART~ Battle 4 [DVD]

絶対衝激~PLATONIC HEART~ Battle 5 [DVD]

絶対衝激~PLATONIC HEART~ Battle 5 [DVD]

ふじもとよしたか、恐るべし。
極めて凡庸なカットで構成されているのに、破裂としか形容するしかない脱衣描写のエスカレートで、「スクイズ」ばりの結末に持っていくのは語りとして力強い。不思議だ。


ふじもとよしたか系の「あまりにもアニメ的」な監督として、渡部高志と草川啓造等がいるけど(川口敬一郎は「アニメ王国」作っているので除外)、あまり見ていない。彼らの作品を見たとき、ふじもと的な面白さを感じるのだろうか?

オトメ>ヒフミ>アキヲ>テツコ>ヤヨイ(水樹)>ミヤビ>サクヤ>>>超えてくるな>>>ヤヨイ!

こいこい7 第7巻<初回限定版> [DVD]

こいこい7 第7巻<初回限定版> [DVD]

ああ、やっちまった……
こいこい7』全話(TV放送版)制覇www
ロボ作画に三倍の力を費やし、ロボがお休みなときは哲郎を男の娘にして倍プッシュ……不可解です!
最終回寸前でアホなテンションを下げに下げた挙句、何事も無かったようにサマーバカンスな最終回は本物のカオスを見たwww
こいこい7」とその取巻きが水着を脱ぎ捨てて温泉に入っていく様をあられもなく晒す、そのままのカットも凄いのだが(幼女的な意味で)、素っ裸になった「こいこい7」が「五光会」のロボットを火山基地にぶっ飛ばし、噴火してしまった光景(セブンスウェルwww)を見ながらの彼女らの会話のインパクトは凄まじい(オトメのキャラの作り込みがあってからこそだと思うが)。

「ご覧、とても奇麗な火柱だね/まるで人類の行く末を暗示しているかのような」(田中翔宮本充
「不可解です……」(蝶野オトメ)

「哲朗さん、何だかロマンチックですぅ」(飛鳥ヤヨイ)
「やっぱり、いつものように壊れていくんですね」(田中哲朗)

最終回以外の名シーンは、幼女化したヤヨイミズキと哲郎が犬の散歩をしていた百合コンビのイスズとスバルが出くわして、何故か飛行場付近で犬の名前=〈バター〉でグだるところかなぁ(4話でヒフミが拾ってきた犬で、結局あのよろし荘では飼えなかったのか)。