サンライズ の検索結果:

「バカの壁」を斬ったバカ。

サンライズ作品のパロディをやった後に「ギアス」を作るゴロ―が図太過ぎる。

舞-HiME 第5話「雨−−。涙……」

サンライズ系の泣き顔が恋しくなっていたので。

心から感想落とし。

…ニプレックス発売日: 2006/05/24メディア: DVD購入: 1人 クリック: 11回この商品を含むブログ (9件) を見るマモルくんの『深愛』は、私たちも見習うべきだな… バ〜ナナ、バナナ、バ・ナ・ナ! あれ、何だっけw 「陰からマモル!」全話視聴完了。 ふじもと監督の巧さの一つに、作品世界の一時点をふっと切り取った時間感覚(シリーズ構成)が挙げられるんじゃないかなぁ。 近頃のサンライズ作品(あの『銀魂』でさえも)のギスギスしたものを感じる身としては、非常に癒された。

廣田さんウォッチャーとしては、そろそろ「メガゾーン23」を観なければならない。

…早かったはずの東映、サンライズのデジタル制作作品の画面精度を数倍上回っていました*5。でも『アルジュナ』の内容はアレだよね*6… 視聴者にとってはそんな感想が重要だったりするが、アニメ制作者にとっては、洗練されたデジタル制作アニメ表現をいかに物にするかが重要だった…… 洗練されたデジタル制作アニメの理想形は、その後ボンズが提示して*7、シャフト・京アニ・ufotable等が「こだわり」で突き抜けても大丈夫な時代となったわけです。●あれ、『ライドバック』と『アルジュナ』の話をす…

ギンタマン・ビギニング

コミックカレンダー2009 銀魂 ([カレンダー])作者: 空知英秋出版社/メーカー: 集英社発売日: 2008/10/24メディア: カレンダー クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見るサンライズと東映の関係が密になりすぎ!どんだけ〜 な、土方禁煙回。 親子関係を強調するとか、バンクとナレーションで二分ほど押し通すとか、BGMもそのまんま『ドラゴンボールZ』。 ヤムチャ的悟空→アムロ(限りなく若井おさむ)の物真似で切り返す、阪口大助が素敵すぎ。

『コートキヤセ 反復のルルーシュ L2』 第5話 「パンツ オブ ガールズ」

…strations Rebels作者: サンライズ,ニュータイプ編集部出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2008/04/05メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 30回この商品を含むブログ (13件) を見る『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 第5話 お話の方は相変わらず混沌としているだけなのだが、女性陣のサービスは以前のシリーズにも増してストレート(ロロ君のスケベ能力の賜物である(爆))! しばらくは、ギアスにかかった振りでもしてますか(笑)

通販CMはドラマ・タイアップ形式があるから侮れない。

銀魂-ぎんたま- 20 (ジャンプコミックス)作者: 空知英秋出版社/メーカー: 集英社発売日: 2007/10/04メディア: コミック購入: 3人 クリック: 18回この商品を含むブログ (78件) を見る 『銀魂』 「男なら諦めるな」 原作だと2週に亘ってやっていた、星海坊主の壮大な育毛ドラマ(笑) アニメのほうは、不覚にも『NARUTO疾風伝』がダブってしまった(笑) 『ガンダム00』はリアル志向じゃないというか、サンライズのハッタリの上手さが良く分かる回だった。

「バナナのおっさんって言うな、おっさんのバナナだよ」

…は! 『シン・シティ』の手法は誉められたものじゃないけど、「なっさん」(若本)を映えさせるにはいい「とりあわせ」だったと思う(笑)。 マダオが遠藤綾看護士×カツーラ(実はエリザベス)の恋路を助ける様は、なんだか恐い(笑) 「銀さん透明人間になる の巻」は声優とカメラワークが乙な労作。シャフト・アニメの映像の悪ふざけは「ATG」なんだけど、サンライズ・アニメの悪ふざけはポストB級ハリウッド映画だと確信した。追記 どうでもいいけど、『鹿男あをにおし』=『絶望先生』+『アルジュナ』

一気に観てみよう。ゼーガペイン編

…るセレクション(同じサンライズが作った『Z.O.E』という「おじ様」アニメもそんな感じだった)がゼーガの魅力。成馬01さんは、はてなのブログ『はて☆なりま』で『木更津キャツアイ』及びクドカンの魅力を「俗の力」と仰っていましたが、ゼーガはポスト・エヴァの大半が失敗した理由である「俗の力」の欠如を、ソゴル・キョウのキャラで解決していましたね。しかし、流行に乗れなかったのは、「バトル・ロワイアル」の要素を意識的に回避した堅実な作り方にあるのでしょうか。 『ゼーガ』と『マトリックス』…

「マクロスプラス」は劇場版に限る。

…たり、製作請け負ったサンライズが後に『舞-Hime』作ったりしました)を止めてから数年。高梨実プロデューサーに「マクロスまた作らないか」と切り出されて、ようやく『超時空要塞マクロス』から12年ぶりに、渡辺信一郎と共同監督した『マクロスプラス』。 トータルで見て、『攻殻』『メモリース』よりも根強いファンがいると思われる、SF青春版『紅の豚』 OVA版は「お子様でも楽しめ」(菅野よう子)ない、アニメーション、というか劇場版の完成度が今まであるOVA編集劇場版のそれと比べて半端なく…