ブラック・ジャック の検索結果:

『ブラック・ジャック 劇場版』

超人類マジ超人類。 井上喜久子17歳のカルテは思い出さないようにしているが ロリータ患者のカルテは忘れないBJ先生の 種割れとか、旅とか、アクションとか相変わらずの魅せっぷりだが 後に前世!が雪の女王になるジョー・キャロル・ブレーンの反逆っぷりは 映画ならではのキャラクターになっていて良かった。 超人類の筋肉描写は範馬刃牙というか、 秋田書店のマンガ原作なんだよなぁ と、改めて思うところがあり。

ブラック・ジャック OVA 第5話「サンメリーダの鴞」

●「サンメリーダの鴞」は当時観ていて、あの「サメリーダ〜」の歌が印象深く記憶の片隅にこびりついていたのだが、改めて観ると人物のドラマが特濃だ。レスリーの夢に出てくる女は、生みの母ではなく「命の母」だったというのも人生、無免許医が知らぬ間の偉業で人を助け誰にも知られず抹殺されるのも人生……間黒男はとにかく必死だった。 ○『BJ』って「夢」や「回想」の配分が常軌を逸している。まとめて観ているとヤバい。

ブラック・ジャック OVA 第7話「白い正義」

●世間様がカッコイイBJ先生というのは、この回のことか!!「夢」の要素が意図的に排除した感じがあるなぁ。第一患者はロリコン王らしいセレクション。カラオケとギャングのワラワラ感は「白鯨伝説」ですなぁ。 ○ソリッド・スネークの半分は『BJ』7話と劇場版『BJ』で出来てます。

ブラック・ジャック OVA 第6話「雪の夜ばなし、恋姫」

●戀(恋)姫塚の樹が繋ぐ「夢」。「夢」の中で夢を見る人物たち。『インセプション』も真っ青の超自然のアニメるカ!に導かれるBJ先生。 ○玉川紗己子・藤田淑子・田中敦子と「Genji」の布石を立てている出崎は流石だと思いました。

ブラック・ジャック OVA 3話「マリア達の勲章」

●初期三部作フィナーレ、ロリコン王の帰還。国と国との間の衝突には無力だが童貞を守りきるBJ大先生… ○出崎版『BJ』は「伝奇物」、そして「医療(外科)と戦争(冷戦後)」の二つの側面がある。小島秀夫はMGSシリーズの「監督作」に『BJ』のエッセンス(キャスティング・表現・ロケーション等)をかなり盛り込んでいるが、『BJ』の「医療(外科)と戦争(冷戦後)」のエモーショナルな描写が、「宇宙開拓後の被爆医療社会」をアニメパートを駆使して『ポリスノーツ』(1994年)を作った小島にとっ…

ブラック・ジャック OVA 2話「葬列遊戯」

●出崎の「花」は夢に強烈に作用するので、あな恐ろしや。冒頭の氷柱や麻薬サボテン、時計の針を強調しといてBJ先生の変態紳士キス(禁煙フレッシュ)を正当化しているのですね、わかります。 ○BJ先生の「絶望や死を超えたブラック・ボックス」の大半は「ロリコン王に俺はなる」という夢で出来てるに違いない!!

ブラック・ジャック OVA 4話「拒食、ふたりの黒い医者」

●OPが4話からリニューアル。BJの母の話はOVAの制作が当初の13話だったらやっていたのかもしれない。オートバイに乗る背中がカッコよすぎるドクター・キリコはBJと違って大人だなぁ。BJは案外若くて、キリコは10以上も年が離れているんだろう。 ○ラスト、映画でのミシェルの挙式シーンで寝入っているBJ先生はロリコン王らしい態度であった。細菌兵器の捨て場を爆破したのは別に美少女のためじゃないんだぞ。BJの法外な医療費の一部はピノコの身体を12〜13の美少女にバージョンアップするた…

ブラック・ジャック OVA 1話「流氷、キマイラの男」

●「海・水」の見せ方が兎に角豊富。人物たちの「主観的セカイ」(id:mattune)が「海・水」に重なっていく様は観ていてゾクゾクする。キマイラ病は水を飲んでも力石病。出崎作品における「水」はL.C.Lみたいなものなので、飲んだり触れたりすると何かに浸食されて死に至る病、そしてw ○BJ先生が「おまえとわし」のキマイラ病もといセカイ系患者:クロスワードを治すはめになったと思いきや、島の原住民のほうがセカイ系の病理(アンチ・セカイ系的な意味で)が進んでおり、クロスワードのおっさ…

『紫外線 呼び番044』第5話「脱出」

044と先生の関係って、『エースをねらえ!』の岡と宗像の関係のリバースであり、『ブラック・ジャック』のピノコとブラック・ジャックの関係のリバースなのね。 オンラインで無から武器を取り出せるSF設定は、5話を経て、やっぱり御都合もいいところだろうと思いつつ…… 次回予告で『家なき子』っぽいシーンを見て、御都合よく出崎の迷宮に迷い込もうとする俺ガイル(笑)

『紫外線:呼び番44』第1話「旅立ち…」

出崎統監督最新作『ウルトラヴァイオレット:code44』を観る。 『ブラック・ジャック』以降の作品を恥ずかしながら纏めて観る機会を作らなかったせいか、『白鯨伝説』『雪の女王』のモチーフに関してはぶち込んでるなぁとしか反応できなかった部分もあるのだけど、出崎作品の「集大成」であることが伝わってくる力に満ちたアニメになっていたのは衝撃だった。 あと、黒画面のインサートが堂に入っていて、映像の作り手なら間違いなく嫉妬するんじゃないかな。