ヤンデレ の検索結果:

おにいさまへ… 第8話「あなたが欲しい」

ヤンデレ、心重ねたくねぇ。クライマックスあたりで、ガンダムに乗ってそうな感じのカット割りが不意に出てきたので面白かった。それにしても、ヤンデレアクションの金字塔すぎて終始背筋が凍った。

めぐりあいゾラ…『機動戦士ガンダム00』セカンドシーズン 第19話「イノベーターの影」

ライルさん擬似GN粒子に蝕まれる前に死す? ヤンデレネーナ、王兄妹SATSUGAI。 アレルヤの「空気読めてない」役は徹底しすぎ。

『機動戦士ガンダム00』セカンドシーズン 第18話「交錯する想い」

『機動戦士ガンダム00』セカンドシーズン 第18話「交錯する想い」 前回をちゃんと観ていないので、「四ヶ月後」のそれ☆すたのノリに戸惑う。 「こ、今回だけ、だからね!」とか言いながら00ガンダムの背中に貼りついていたサジ君はピーちゃんのヤンデレぶりと最近のマイブームはユーキャン通信講座(ガンプラ職人検定)で自己変革している刹那きゅんに板挟みになって、何かが弾けた。 カタロンの倉蔵と尻が聴いた姫様の歌はどっかの物好きがロックオン(録音)して、ゲリラ的に流されているのか。

『マクロスFrontier』 第17話「グッバイ・シスター」

…幼女時代、ツンデレ・ヤンデレ属性を持っていたのは内緒だ。 ●美星学園の生徒って、就活するの早すぎですね。 ●ランカの名付けのセンスって、郊外のヤンキー的…… ●クランのほうがミシェルより2〜3歳年上なのか。 ●久々の紙ヒコーキを破る愛KUNは、小怪獣として覚醒? ●フォールド・クオーツの秘密に関するキャラのヒエラルギー……グレイス(「私たち」)>三島>ルカ坊>ビルラー>アルト ●「ゲーム的リアリズム」的構造を備えるバジュラを語るときのブレラが実に楽しそう(ひぐらし的な意味で)…

役所広司は稲川淳二に似てきた、OH!。

…ら印象違うんだろうな)。 役所演じる吉岡刑事は、最後に女性の骨を集めることで幽霊に赦されてしまうけど、ほかの人間たちは塩水に漬けられていく。『回路』のように救いの道は人類に残されているのだろうか。 刑事という存在もまた、「犯人」にとっては「幽霊」と同じようなものなんだと、この映画でやりたかったからでしょうね、この極端な結末は。 映画の後『最終兵器彼女』のような最期を迎えるんでしょう、あの刑事。 ところで、黒沢の女「幽霊」と、「サイカノ」は「ヤンデレ」の系譜に入れていいものか?

「シンデレラ」→「ツンデレ」→「ヤンデレ」→『シンデレ』

序: 最近、ホラー・ヤンデレ・「(愛玩具としての)キャラ」を同時に考える機会があった。 すると、「病的」・「リストラ」・「キャラ同士席の奪い合い」・「幽霊」というキーワードを掴んだような気になった。 このキーワードをどのように発展させればよいのか… そうだ、小説というカタチで「ライト」に「エッセー」してみては面白いのでは、という電波がアタマでスパークした(笑) 大学の数人の友人が創作小説を卒論として出す予定と聞いたのもありますが… ということで、連載を一から始めて、キーワード…

911以降みな、ゼロに戻りたがる

…森×ところともかず(河森さん、菊池康二とは相性がいいんですけどね)コンビの演出がかみ合ってないなーと思う。 イヤボーンが一層クドくなるというか。 そうはいっても最近、ようつべで、また見たんですけど(最終巻のみ)、意外に面白かったりするんですね(ドックファイトが完成形に近づいた巻でしたが)。 河森作品における小林沙苗の演技はヤンデレ、工藤シン@鈴村健一の息の演技は一見の価値あり。 これから観る人は、「戦争映画」・「これがほんとの種死」(笑)という要点を抑えてみると面白いと思う。